こころと福祉の専門サイト
Mind and welfare
障害福祉・制度サービス

精神科通院にかかる医療費を安くしよう! 自立支援医療についてわかりやすくまとめてみた

今精神科にかかっている皆様、通院費やお薬代にいくら負担していますか? 保険証をお持ちの方は基本的に3割負担のお金を支払っているんじゃないかと思われます。

その負担をもっと安く軽減する制度があることはご存知ですか?

それが自立支援医療という制度になります。かなりお得な制度です。できるだけ多くの方に知ってほしいと思い、記事にまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

※今回は精神科に通院している方を対象にお話しさせて頂きます。

自立支援医療とは?

制度の名前だけではいまいちピンと来ないかもしれませんが、実はかなりお得な制度になっています。

精神障害の適正な医療の普及を図るため、精神障害者に対して、当該精神障害者が病院又は診療所へ入院することなく行われる精神障害の医療に係る医療費を支給します。

引用:東京都福祉保健局

上記は、精神科に通院している方(精神通院医療)における自立支援医療の定義となります。

医療費が安くなる!

なんと、窓口での支払いを3割負担から1割負担に軽減してくれる便利な制度。例えば今通院で1,500円くらい払っている人は、500円まで安くなります。

下記でも詳しく書いていきますが、通院先の医療機関だけではなく、登録してされている薬局なども自立支援医療の適応です。

月の上限額が設定される!

自立支援医療は1割負担になるだけでなく、世帯の所得により、1ヶ月の上限額が決まります

ここでいう『世帯』とは、同じ保険証に加入している家族を単位としています。住民票などの『世帯』とは異なりますので注意してくださいね。

つまり扶養に入っている方はその家族を含めた所得、あなただけ加入している保険証であればあなただけの所得により、月々の上限額が決まります。

現在設定されている上限額は下記の4つ。

  • 2,500円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円

極端な話、1ヶ月にどんなに通院しようがお薬を貰おうが、この上限額以上の医療費がかかることはありません。

もし上限に達した場合は、病院などお会計のときに「上限に達していますので料金はかかりません」と言われ、0円になります。

自立支援医療の対象者

まずは厚生労働省の資料を見てみましょう。

精神障害(てんかんを含みます)により、通院による治療を続ける必要がある程度の状
態の方が対象となります。

・統合失調症
・うつ病、躁うつ病などの気分障害
・薬物などの精神作用物質による急性中毒又はその依存症
・PTSDなどのストレス関連障害や、パニック障害などの不安障害
・知的障害、心理的発達の障害
・アルツハイマー病型認知症、血管性認知症
・てんかん など

引用:厚生労働省

こう見てみると、割とどんな疾患でも自立支援医療の対象となります。いわゆる『精神病』と言われているものから『神経症』レベルのものまで対象になります。

自立支援医療が使える機関

医療費の軽減が受けられるのは、各都道府県又は指定都市が指定した「指定自立支援医療機関」(病院・診療所、薬局、訪問看護ステーション)に限られています。

これは各都道府県によって違いますので、ネットで調べてみるか役所で聞いてきましょう。東京都にお住まいの方はこちらを参考にしてみてください。

指定自立支援医療機関の情報提供(精神通院医療)|東京都福祉保健局

では各機関について、具体的にひとつずつ見ていきましょう。

病院・クリニック

今定期的に通院している医療機関(精神科)で利用が出来ます。

精神科はほとんどが『指定自立支援医療機関』だと思いますが、念のため調べてから登録されるといいですね。分からなかったら受付さんに電話で訊いてみるのもいいかもしれません!

薬局

今薬を貰っている薬局も登録が可能です。地域によって違うかもしれませんが、1ヵ所しか登録できない地域もあれば、3ヵ所まで登録が可能な地域もあります。3ヵ所登録できると便利ですよね。

精神科デイケア

医療機関や保健所などでやっている精神科デイケアも自立支援の対象です。デイケアは医療保険の対象なので、基本的には窓口で3割の料金を支払います。

デイケアとは、外来治療の一環で、様々なプログラムを通して社会復帰を目指すリハビリテーションのひとつです。

  • 生活リズムを整えたい。
  • 体力をつけたい。
  • 病気の再発を予防したい。
  • 対人コミュニケーションの訓練をしたい。
  • プログラムや行事を楽しみたい。

など様々な目的を持った方々に利用して頂ける場所となっています。

週5日デイケアに通っている方もいると思いますので、かなり負担が軽減されるのではないでしょうか。

精神科訪問看護

こちらも自立支援医療の対象です。精神科訪問看護とは、医師の指示のもと、看護師や精神保健福祉士、作業療法士などが定期的に自宅を訪問し、相談や必要な支援を行っていくものです。

  • 集団行動が苦手。
  • 家から出ることができない。
  • 服薬の管理が不安。
  • 話を聞いてもらいたい など

様々な目的の方が利用しています。こちらも医療保険の対象で、本来であれば1回の訪問で3割の負担がありますが、自立支援医療により1割まで軽減できます。

金銭的なところで利用を悩んでいたり、回数を増やせなかった方には大変おすすめです。

復職支援(リワークプログラム)

医療機関や保健所などで行われているリワークという復職支援も自立支援医療の対象です。リワークとは休職中の方が、復職を目指してリハビリを行うプログラムのことをいいます。詳しい内容はこちらの記事をどうぞ。

あわせて読みたい
精神科に通いながら復職を目指す方に向けた心構えと復職支援(リワーク)について皆さんの中でもこころの不調で長期的に仕事を休まなければいけなくなった方はどれだけいらっしゃるのでしょうか。 この社会において、ここ...

リワークに関しては基本的に週5日通う方が多いので、自立支援医療を利用してい方がほとんどじゃないでしょうか。割と早い段階で上限額に達する方が多いので、負担はかなり少なく済みます。

こう見てみると、医療費が軽減されるだけで本人さんが治療やリハビリを継続しやすくなることが分かりますね!

自立支援医療の申請方法

それでは実際に、どのような流れで申請をしていけばいいのか見ていきましょう。

① 主治医に相談

まず、一番最初の無難な流れとして主治医と相談することをお勧めします。というのも、自立支援医療の申請には必ず主治医の診断書が必要になります。先生がお手すきであれば、その場で書いてくれる場合もありますので、最初にお声掛けしてみましょう。

② 必要なものを持って役所へ

主治医の先生が診断書を作成してくれたことを前提に話を進めます。

次に必要な書類を集めましょう。

  • 主治医の診断書
  • 申請用紙(役所の窓口、病院などにあります)
  • 本人確認用の書類(免許証、保険証など)
  • マイナンバーカード
  • 印鑑
  • 健康保険証
  • 『世帯』全体の所得が証明できるもの

所得が証明できる書類に関しては、各地域によって若干の違いがあるかもしれませんのでネットで調べてみるか、問い合わせてみるといいと思います。。申請場所はお住まいの役所になります。『福祉』『障害』などの名のつく窓口へ行きましょう。

③ 受給者証が発行される

申請が無事に終わり、約1ヵ月ほどで受給者証が発行されます(これもお住まいの地域によって色やタイプが異なります)。申請が終わると控えを渡されると思いますので、念のためそれを通院先の病院や薬局に提示するといいです。

各機関によってやり方は違うと思いますが、その控えに押されている受領印の日付から、自立支援医療の適応になる場合もあります。控えは大事に取っておいてください。

あとはこの受給者証が届いた後、受給者証と一緒に貰える金額を記入するノートなど必要なものを持って病院や薬局に行きましょう。

受給者証には、あなたの名前や住所、保険証の情報など大事な情報が記載されていますので、取り扱いには十分に注意してください。

更新は毎年!

自立支援医療は必ず更新しなければいけません。更新は毎年。つまり、1年に1回の更新となります。しかし、そのうち診断書が必要なのは2年に1度になります。

ちょっと大変なのは、これらは自分たちで管理する必要があるということ。役所から通知が来るわけでもないので、更新の時期になれば自分たちで申請したところと同じ窓口に更新手続きに行けなければなりません。

次回の更新がいつなのか、その時に診断書はいるのかいらないのか、については、受給者証に記載がありますので忘れないようにしたいところですね。万が一期限が切れてしまった場合は、役所までご相談ください。

会社にバレたくない方

不安な方もいると思いましたので書かせて頂きました。基本的に自立支援医療を利用していることが、会社にバレることはありません。

会社ではなく、健康保険組合などにはすべて丸わかりですが、守秘義務がありますので、担当者がそれをわざわざ会社に報告されることはまずありませんので、心配されている方はご安心ください。

その他

時々いらっしゃるのが、例えば健康保険証の期限が切れてしまっても、自立支援医療は適応になっていると思っている方。この場合は保険証と同様、自立支援医療も使えませんので窓口ではいったん10割(全額)お支払い頂く必要があります。

ちなみに新しい保険証が出来ましたら、自立支援の内容が変わりますので、必ず役所に手続きに行ってくださいね。

また自立支援医療制度は、長期的に精神科に通院している方、もしくは重症の方が申請するものだと思っている方もいらっしゃいますが、そうではありません。

通院を継続したいけれども、通院費が高い…そう悩んでいる方はすべての方が利用する権利があります。この制度に、病気の軽重は関係ありません。

たまに6ヶ月に1度など、通院の頻度がそこまで高くない方もいるかと思います。そういった方はあまり必要性を感じないかもしれませんが、通院の頻度が高い方、デイケアなどを利用されている方はぜひ利用を検討してみてください。

まとめ

いかがでしたか?「自立支援医療制度を初めて知った!」という方もいらっしゃると思います。

この制度は大きなデメリットもありませんので、お財布事情にお困りの方は、ぜひ申請することをお勧めします。必要がなくなれば役所に相談してすぐに止める手続きに入るか、更新ぜすに期限切れにすることもできますので、安心して始めてみてください。

ABOUT ME
こころLABO
メンタルヘルス領域で現役で働く、こころの話に詳しい人が運営している障害福祉やこころ、恋愛に役立つ情報サイト。
精神科に通っているすべての方におすすめの本
生活・医療・福祉制度のすべてQ&A―精神障害のある人と家族のための

私が仕事中に使用頻度の高い本です。精神科に通う方が利用できる制度やサービスを、本人や家族向けに非常に分かりやすくまとめられた一冊となっています。細かなQ&Aもありますので、いちいちネットで検索しなくても良くなるかもしれません。数年に1度新装版が発売されます。