こころと福祉の専門サイト
Mind and welfare
恋愛

女性にモテたいと思った時に試してみるおすすめテクニックをご紹介!

一言で「モテたい」と言った時は、たいていが「色んな女性に好意を持たれたい」という感情でしょう。

しかし、本当にそうですか?

好みじゃない女性に言い寄られたところで、困惑してしまうだけです。

では、あなたの好みの女性とは?

美人にチヤホヤされたい? 男の夢ですね。

では、その美人とはどういう美人ですか? どこが譲れないポイントですか?

仕事と同じ。ターゲット設定とマーケティングは重要です!

好みの女性の性質をどんどん挙げていき、それに合わせて調査をしましょう。

誰にモテたい?ターゲットを明確に!

キャリアウーマンが好みなのであれば、話題の選択肢はどんなものがあるでしょうか? 例えば、仕事のアドバイス、最近の関連ニュース、クライアントの愚痴など想像してみると結構いろんな話題がありますね。

他にも仲間を誘って、休日にイベントを開催するもの、ひとつの手段だと思います。

年下女性が良いのであれば、ジェネレーションギャップを埋める努力は必要になります。例えば、SNSでその年代の女性がどんな発言をしているのか、ざっくりとした雰囲気を掴むことも大事ですよね。

年上女性が良いのであれば、その世代をターゲットとしている女性ファッション誌を読んでみるといいですよ。大人の女性の好みを把握しておくだけで、いざというときに役に立ちます。

モデルのような美人がいいのであれば、ひたすらバーなどの社交場に出て、美人の横に立っても恥ずかしくないと思える振る舞いを身に付けてみましょう。身だしなみなんかも気を付けた方が良いですね。

自分が美人だと自負している女性は、そんな自分に萎縮しない男性が好ましいものです。

いやいや、とにかく誰でも良いからモテたいんだ、という方も、何かしらの想定をしてみることをオススメします。モテたいと漠然と言っているだけでは、行動に結びつきませんからね。

女性は、ある程度自分と釣り合う相手でないと、なかなか好意を持ちません。まったく接点がない人を好きになる可能性は……ないとは言い切れませんが、お話の世界だと思っていた方がいいです。そういうのはむしろ、お見合いのパターンですね。

あわせて読みたい
非モテ男がモテたい女性のタイプはどれ? タイプ別にみる非モテ男の改善点まとめモテ男がモテたい女性のタイプについて分析をしてみました。男性に限らず女性もですが、好みのタイプというものはあります。誰でも彼でもむやみや...

自分に自信がない? そんなに調子よく振る舞えない?

とはいったものの、皆が皆、相手に合わせた行動を取れるとは限りませんよね。引っ込み思案だったり、口下手だったり。どうしても俯きがちになってしまったり。

もちろん、これをきっかけに行動を変え、その結果、考え方も性格も変わった! ……という人もいますが、やはり無理に性格を変えるのは難しいものです。

それならそれで、その特徴を良いように見せる努力をしてみましょう。

女性はギャップに弱いです。ギャップ萌えというやつです。カッコイイ男がどこか抜けている。それだけで「キャーキャー」言われてしまうものです。

あわせて読みたい
イメチェンして印象を変えることでモテる男にグッと近付ける!今回お話ようと思うのは、イメチェンの話です。自分に自信がなく、髪を染めたり、おしゃれな服を買いに行くのが億劫になってしまっている非モテ男...

「最初から格好良ければ苦労はしないよ!」という方もいると思いますので、逆を考えてみましょう。

つまり『ダメな男だと思っていたけれど、実は凄いところもあった』というパターンに持って行くのです。

口下手でも、仕事を丁寧に行う。人の見ていないところでも手を抜かない。どこかで誰かが気付きます。それが女性かもしれないし、男性かもしれない。しかし、そんな行動はちょっとずつ周囲に伝わります。

引っ込み思案なのであれば、思考力を磨いてみましょう。何か話題を振られた時に、少しでも良いから「おっ」と思わせる意見を出せるように、見識を広めておくのも手です。

趣味の腕を磨いて、何かの拍子に話題に上るのを待つのもアリです。もし仲の良い友人がいるのなら、モテたい場面で何気なくその話題を振ってもらうと、自然と話がしやすくなります。

要注意!女性はこんなところを見ています。

モテテクをやり過ぎると引いてしまう。残念ながらそんな女性が多いのが現実。では、それを極力感じさせないためには、どうしたら良いのでしょうか?

それは、女性にだけ良い格好をしないこと。

周囲全体、少なくとも仲の良い相手には男女問わず同じような態度で接しましょう。女性は人間関係をよく見ています。表面上だけで調子良くあわせているのか、女性を狙って良い格好をして見せているだけなのか。それとも、自分以外にもきちんと接しているのか。

それだけだとアピールにならない? 確かにそうです。しかし、引かれて一度要注意人物になってしまうと、そこから巻き返すのは至難の業。まずは信頼を勝ち取るのが第一目標です。

具体的に挙げてみましょう。

同僚であれば、休憩時間に飲み物を奢って、ちょっとした愚痴を聞いてもらう。失敗談でもいいですね。いきなりサシ飲みに誘うのはおすすめしません。完全に警戒されます。特別な好意がありますよ、という雰囲気を少しずつチラつかせましょう。

そうそう、街でナンパする際には使えないテクが多かったかと思います。ナンパで使うモテテクは、また別物です。

あくまで、ちょっとした関係性から仲を深めていくアプローチだと考えてください。

それでは、まずはひとつ行動です! 良い成果がでますように応援しています!

ABOUT ME
こころLABO
メンタルヘルス領域で現役で働く、こころの話に詳しい人が運営している障害福祉やこころ、恋愛に役立つ情報サイト。
精神科に通っているすべての方におすすめの本
生活・医療・福祉制度のすべてQ&A―精神障害のある人と家族のための

私が仕事中に使用頻度の高い本です。精神科に通う方が利用できる制度やサービスを、本人や家族向けに非常に分かりやすくまとめられた一冊となっています。細かなQ&Aもありますので、いちいちネットで検索しなくても良くなるかもしれません。数年に1度新装版が発売されます。