こころと福祉の専門サイト
Mind and welfare
自己啓発

怒りっぽい人、カッとなりやすい人のイライラの原因と対策

自分自身を振り返ったときに、「自分は怒りっぽいなぁ」と思ったことはありませんか?

カッとなりやすい人、イライラしやすい人、怒りっぽい人は、何かが原因でそうなっているかと思いますが、その怒りっぽさをコントロールできていますか?

衝動的に文句を言ったり、手を出してしまったりしていませんか?

イライラの表面化は周りから見ていて決していいものではありません。場の空気を悪くしますし、人間関係を悪化させてしまい兼ねません。

怒りっぽいという自覚があり、改善したいと考えている方は、ぜひこの先に書いている内容を実践してみてください。

なぜイライラしてしまうのか

まずは、あなたがどうしてイライラしてしまうのか考えていきましょう。

あなたは当てはまるものがありますか?

人それぞれの沸点の場所

人にはそれぞれ、「これをされたら怒る」というイライラポイントみたいなものが存在します。

非常に温厚な方ならある程度のことは笑ってすませることが、そのイライラメーターを振り切ってしまうのが早い方だと「え、これでイライラしてるの?」と周りが驚いてしまうことでカッとなってしまいます。

まずはその沸点ポイントがどこかを考えてみてください。どんな言葉にカッとなりやすいか、どんな態度をとられるとイライラしてしまうのか。

人によってはバカにされると怒る方もいれば、年下からタメ口を使われて怒る方もいますね。他には、プライドを傷つけられて怒る方もいれば、肩と肩がぶつかって怒る方もいます。

精神疾患

また精神疾患の中にはカッとなりやすい疾患というものが存在します。

まずひとつ目は躁うつ病という精神疾患で、気分の落ち込むうつの波と、テンションが異様に高まる躁の波を繰り返す病気です。躁うつ病の方だと特に躁状態のときにカッとなりやすいです。

そしてふたつ目はADHD(注意欠陥多動性障害)という発達障害のひとつで、不注意と衝動性の疾患です。ADHDの衝動性が高い方は非常に怒りっぽいです。

あわせて読みたい
物忘れがある、人の話を最後まで聞けない人はADHDの可能性が高い!あなたの周りに、年齢は若いのに『物忘れの激しい人』、そして『人の話を最後まで聞かない人』はいませんか? もしくは、「周りからよくそ...

女性特有のもの

そして女性特有のPMSという病気があります。これは月経前症候群といって、女性の月経前に眠気、吐き気、胃痛、頭痛、不眠などいろいろな症状が出るのですが、その中のひとつにイライラがあります。

普段は全然温厚な女性であっても、月経前になると些細なことでイライラしてしまうという方も非常に多いです。

カッとなった時の対策

上記のように様々な状況もありますので、イライラするのはしょうがないですが、大切なのはその後の行動です。

グッと堪えるのか、それとも口や手を出してしまうのか。出来ればトラブルになるようなことは避けていきたいので、怒りを抑える方向で対策をみていきましょう。

深呼吸をする

まずイラッとしたときには深く深呼吸をしてみましょう。大きく息を吸って、吐いてみてください。

これは息を吸ったり吐いたりすることが大事というよりも、イラッとした瞬間少し時間を置くことで頭の中を冷静な状態にすることを目的としています。

イラっとしたとき、3秒だけでも深呼吸してみてください。意外と頭の中が冷静になって、衝動的な行動はある程度防げるはずです。

飲み物を飲む

カッとなる出来事があった場合、目の前に飲み物があればゴクゴク飲みましょう。なければ財布を持って買いに行ってください。

これも深呼吸と似ていますが、飲んでいる間に頭を冷やすということと、言いたいことを水と一緒に飲み込む効果も期待できます。

一度飲み込んだものを吐き出すって結構体力も使うし、つらい行動ですからね。そのため水は少しではなく、ガブガブ飲めるのであれば飲みましょう。

これがお酒にならないように注意が必要です。お酒にするなら、一気飲みはやめて、少量にしておきましょう。

タバコを吸う

もし愛煙家の方ならば、今すぐタバコを片手に吸いに行ってください。文句を吐いてトラブルになるくらいなら、きちんと喫煙所で煙を吐いていた方が何倍もマシです(体には良くありませんが)。

なかなか吸える場所は限られているかとは思いますが、行けるのであれば喫煙所に向かいましょう。

タバコを吸ったことがない方がここでデビューするのとはちょっと意味が違いますのでやめておきましょう。

物理的な距離を取る

これとっても大事です。もし目の前にイライラの対象者がいる場合、できる限りその場を離れましょう。イライラの対象者が目の前にいると、何をしてしまうか分からないですからね。

これは逆に苦手な人や関わりたくない人にも有効なので、ぜひ使ってみてください。

言葉や態度ではどうしようもない場合だってたくさん考えられますからね。そんな時は、シンプルにその場を離れればいいのです。こちらの記事にも詳しく書いています。

あわせて読みたい
私が思う、職場での良い人間関係の築き方&人間関係でトラブルにならない、失敗しない方法職場の人間関係を平和に保つ努力は、きっと誰もが日常的に行っていることではないでしょうか。毎日会社に行って顔を合わせるからこそ、ストレスな...

頓服を飲む

もしあなたが精神科に通っており、イラっとしたときに飲む頓服を貰っているのであれば飲みましょう。

もし頓服を処方してもらったことがない方は、主治医に相談して出してもらってください。

カッとなったときに頓服を飲むとスゥッと効く人は穏やかになります。自分の力での対処が難しい方は、薬の力を頼ることもひとつの手段です。

ストレス発散方法を試す

自宅や休日までイライラを溜めておける方は、自宅や休日に出来るストレス発散方法をいろいろと試して気持ちをスッキリさせましょう。

ストレス発散方法は実に様々で、人によって全然違います。黙々と集中することがいいのか、汗をかく運動系がいいのかなどその人によって、発散方法は異なるのです。

こちらの記事に、いろんなストレス発散方法をまとめてみました。ぜひあなたにあった発散方法を見つけてみてください。

あわせて読みたい
誰でも簡単にできるストレス発散方法10選まとめ今回は溜まりに溜まったストレスを発散する方法についての記事をまとめてみました。 人のストレスは個性と同じで十人十色。誰かと同じやり...
ABOUT ME
こころLABO
メンタルヘルス領域で現役で働く、こころの話に詳しい人が運営している障害福祉やこころ、恋愛に役立つ情報サイト。
精神科に通っているすべての方におすすめの本
生活・医療・福祉制度のすべてQ&A―精神障害のある人と家族のための

私が仕事中に使用頻度の高い本です。精神科に通う方が利用できる制度やサービスを、本人や家族向けに非常に分かりやすくまとめられた一冊となっています。細かなQ&Aもありますので、いちいちネットで検索しなくても良くなるかもしれません。数年に1度新装版が発売されます。