こころと福祉の専門サイト
Mind and welfare
恋愛

「もう別れたい!」ケンカばかりする彼氏彼女のたったひとつの対処法

「今日もアイツの一言でケンカ…、こんなにケンカするならもう別れた方がいいのかもしれない…」

と思っているカップルは多いと思います。せっかく運命的にお付き合いをはじめても、毎日のようにケンカしていたら嫌になって、別れたくなるのも無理ありません。

今回はケンカが絶えず、「仲直りしたい」「ケンカを減らしたい」というカップルさんに向けて、ちょっと考え方を変える工夫をお伝えしようと思います。

コレを意識するだけで、ケンカする前に相手を理解することが出来るようになります。相手を理解できるようになるだけで、ケンカにならず、話をすることができるようになります。

たったひとつの工夫でケンカが減るのであれば、とても良いことですよね。それでは、さっそくお話していきましょう。

ケンカの原因

ちなみにですが、ケンカの原因って何だと思いますか? この記事を読んでくれている方は、どんな内容のケンカが多いですか? ちょっと考えてみてください。

相手のためを思ってやったことも、相手にはうまく伝わらず怒らせてしまったり、そんなつもりで言ったわけではないのに泣かせてしまったり、買ってきたプレゼントを見て「コレ前の彼女が好きだったヤツじゃない!」なんて言われてしまうことも。

怒らせようとして、自分の恋人にわざとケンカを吹っ掛けるような人はいないと思います。決して悪意があるわけではないのに、このようにケンカが起きてしまう原因とは、相手のことをよく知らないためなのです。

相手のことを知ろう

「いやいや、知っているよ」と思う方もいるかもしれませんが、どんなことを知っているのか挙げてみてください。実際のところ、そこまで挙がらないと思います。付き合いたてのカップルなんかは、特にそうだと思います。意外とA4サイズの用紙でも埋まらないものです。

つまり「こういうのが好きだろう」「これだったら喜ぶだろう」「こう言えば嬉しいはずだ」と自分の価値観で相手にアクションをしますので、価値観のズレが発生し、ケンカに発展してしまうのです。

実はものすごく単純なことが原因だったわけです。ということで、ケンカを減らすためには、相手のことを知る努力をすることが必要になります。

相手を知る方法とは?

相手のペースでデートをしてみる

例えば相手のペースで数回デートをしてみましょう。相手の行きたいところに行き、相手が食べたいものに合わせて、相手がやりたいことにすべて合わせて行動します。

このように相手に寄り添い行動をすることで、相手と同じ視点に立つことができ、相手の感じることをより身近に感じることができます。

時間をかけてゆっくり話をしてみる

なかなか会えないカップルもいるかもしれませんが、焦らずゆっくり2人でお話してみましょう。そこでいろんな話を聞いてみてください。

どうして自分と付き合ってくれたのか、自分のどこか好きなのか、趣味は何か、好きな食べ物は何か、嫌いな食べ物は何か、どうして今の仕事に就いているのか、どんな気持ちで仕事をしているのかなど。じっくり話すことで、その人のことがだんだん分かってきます。

一緒に料理を作ってみる

料理とはいろいろな工程を踏みます。頭で考えることもあるし、協力しなければいけないこともでてきます。

一緒に同じ作業をすることで、相手がどんなことが得意で、どんなことが苦手で、どれだけ器用で、不器用か、また些細なことでイライラするタイプか、マイペースな人か、相談しながら進めるタイプか、ひとりで突っ走るタイプかなどが見えてきます。

言葉以外で相手のことを知ることもとても大切です。

ケンカするほど深まる中もある

ですが、ケンカというのもお互いの本音が聞ける唯一の機会でもあります。相手の言い分を冷静に聞くことで、分析できることだってたくさんあります。

嫌かもしれないけど、いったん心を落ち着かせて見てください。相手がどうして怒っているのか、何を訴えたいのか見えてくるものがたくさんあるはずです。

さて、ケンカが多いカップルのたったひとつの対処法は『相手を知ること』でした。いかがでしたか? 「たしかに知らないことが多いかもしれない」と思う方は、さっそく上記の具体策を行動に移してみてください。

これからも仲良く、お幸せにお過ごしください。

ABOUT ME
こころLABO
メンタルヘルス領域で現役で働く、こころの話に詳しい人が運営している障害福祉やこころ、恋愛に役立つ情報サイト。
精神科に通っているすべての方におすすめの本
生活・医療・福祉制度のすべてQ&A―精神障害のある人と家族のための

私が仕事中に使用頻度の高い本です。精神科に通う方が利用できる制度やサービスを、本人や家族向けに非常に分かりやすくまとめられた一冊となっています。細かなQ&Aもありますので、いちいちネットで検索しなくても良くなるかもしれません。数年に1度新装版が発売されます。