こころと福祉の専門サイト
Mind and welfare
自己啓発

落ち込んだときに気持ちを上向きにする対処法まとめ

仕事で失敗してしまった、上司に怒られてしまった、嫌なことがあった、友達や家族とケンカをした……。

そんなときって、表向きは「大丈夫!」という態度ができる人でも、内心かなり落ち込んでしまったりしますよね。

中には一度落ち込むと、1週間引きずってしまうという方もいらっしゃいます。

気持ちが落ち込んでしまうと、普段は何とも思わない行動が億劫に感じたり、楽しいと思うことを楽しいと思えないなど、なかなか立て直しが難しいという人もたくさんいます。

そんな時ちょっと視野を広げて、普段とは違うことをやってみるのもひとつの手段です。少しでも参考になるように、ここにたくさんアイデアをまとめておきました。

うまくハマると、新しい趣味が生まれるかもしれませんし、今後の対処法として活躍することもあるかもしれません。ぜひ試してみてください。

本を読む

本を読むことは、脳内をリラックスしたり、混乱した頭の中を整理するのにとても有効です。

いろんな種類の本が出ていますので、あなたが少しでも興味のある本であれば、読む本は何でも良いと思います。

まさに今の状態を改善できるような本でもいいですよね。例えばこういった本などは、モチベーションを上げる方法や考え方をプラスに変える方法がまとめられていますので、とてもおすすめです。

中には漫画を読むことで、スッキリされるという方もいます。それが小説という方もいるし、中でもミステリー小説を読むと、落ち込みがマシになるという方も。

音楽を聴く

音楽を聴くというのは、万国共通のリラックス方法なのではないかと思っています。

音楽の力は素晴らしい、とよく言われますが、まさにその通りで、疲れた体や頭をリフレッシュするのに最適です。

今音楽を聴ける手段はたくさんあります。アプリでも、無料で音楽を聴けるサービスがありますよね。また動画で楽しめるYouTubeも有名ですね。

音楽のジャンルも幅広いですので、あなた自身が癒される素敵な音楽に出会えるといいですよね。ちなみにYouTubeで『カフェ』と調べると、素敵な癒しの音楽がたくさん出てきて、お部屋の中が一気にカフェの雰囲気になりますので、とてもおすすめですよ。

カフェに出掛けてみる

実際カフェに出掛けてみるのもやり方のひとつです。カフェはとても落ち着きのある空間に設計されていますので、ゆったりくつろいで時を過ごすことができます。

カフェのコーヒーやスイーツなどを食べると心も体も胃袋も満たされて幸せな気持ちになりますよね。ちょっとお金はかかりますが、得られる癒しは大きいです。

ファミレスなどで読書、なんかもいいかもしれませんが空間での癒しも求めるのであれば、断然カフェをおすすめします。

友達や恋人と食事に行く

ひとりでいろいろ考えていてもどんどん気持ちが滅入っていくだけですので、誰かを誘って食事に出掛けてみるのはどうでしょうか?

ず~っと頭の中をぐるぐるしているもやもやは、友達や恋人、家族の何気ない会話で結構紛れるものです。ひとりでマイナスのことばかり考えているよりは、その後の気持ちの切り替えが早くできる場合があります。

信頼できる相手には、落ち込んでしまった原因について相談してみてもいいかもしれません。あなたとは違う視点でグッとするようなアドバイスを貰えると思います。

というよりも、人は誰かに相談をする事でためていたものを吐き出すことができますので、それだけで結構スッキリできてしまうものなんですよね。

モノづくりをしてみる

モノづくりは目先のことに集中できるためおすすめです。作るものはどんなものでも良いと思います。

編み物やレザークラフト、ビーズアクセサリーなどのハンドメイド作品や、小説を書く、絵を描くなどの創作活動もそうですね。やったことのないジャンルにチャレンジしてみてもいいですよね。

モノづくりのいいところは、ひとつのことに集中できることと達成感があることです。ひとつのものを作り上げることで、自信にも繋がります。

好きなテレビを見る

テレビ好きな人って多いですよね。ドラマや映画、バラエティ番組など様々なジャンルがありますが、好きな番組を見ることは、感情をくすぐる良い刺激となります。

敢えて見たことのないジャンルにチャンレンジしてみてもいいかもしれませんよね。例えばアニメ。日本のアニメって本当に作画がすごいですし、非常に作り込まれていますからとても感動しますし、圧巻される作品が多いです。

他には海外ドラマなどの日本以外のテレビ番組。日本とは文化や感性が違いますし、CGの使い方など海外物はその技術に感動する作品も多いです。

お笑い番組を見る

落ち込んだ時は思いっきり笑いましょう、ということでお笑い番組は非常におすすめ。芸人さんが作ったネタを見て大笑いするも良し、バラエティ番組を見てクスッと笑うも良し。

落ち込んだ時に笑うことが出来ると、「こんなことで悩んでいたのか」なんて思える瞬間もあったりするんですよね。

声に出して笑う、腹を抱えて笑うって結構大事。落ち込んでいるときほど、楽しくプラスなものを目にするだけで、こっちまで気持ちが上向きになってしまうものです。

とにかく寝る

寝ることも、落ち込んだ気持ちの切り替えに非常に有効です。目を開けて意識のある中では、どうしてもいろんなことを考えすぎて余計に落ち込んでしまうもの。

そういうときはいったん目を瞑り、眠れるのであればひと眠りしましょう。起きた時の頭のスッキリ感を実感できると思います。もしひと眠りできそうなときは、靴下でも履いて、足元を温めて寝ると、より落ち着いた中でリラックスして寝ることが出来ますよ。アロマなどを焚いていかもしれませんね。

運動をする

もはや鉄板かもしれませんが、運動をして汗をかくことで気持ちをスッキリさせる方が非常に多いです。

運動が苦手だという方は少なくありませんが、これを機に何か運動をはじめてみてもいいかもしれません。

運動といっても本格的に何かを始めるというよりも、軽いウォーキングやランキング何かでまったく問題ありません。突然走るのはハードルが高いかもしれませんが、歩くことは誰でもできますもんね。

散歩がてら、ちょっと外に出てみてはいかがですか? 普段は何となく通り過ぎていた道をじっくり歩いてみると新しい発見もあるかもしれません。

まとめ

一度落ち込んだ気持ちを持ち上げることは、人によって立ち直る時間も方法もまったく違います。自分にあったやり方が見つかると、次からも同じ方法でスッキリすることが容易いかもしれません。

「人生においてまったく落ち込んだことはありません!」なんて人はいないと思います。それだけ人はみんな多くの失敗をして、立ち直ってを繰り返し、成長していくものなんだと思います。

「またやってしまった」と思うのではなく、「この経験も次の糧になる」と思い、前に進んでいけるようになっていきましょう。

ABOUT ME
こころLABO
メンタルヘルス領域で現役で働く、こころの話に詳しい人が運営している障害福祉やこころ、恋愛に役立つ情報サイト。
精神科に通っているすべての方におすすめの本
生活・医療・福祉制度のすべてQ&A―精神障害のある人と家族のための

私が仕事中に使用頻度の高い本です。精神科に通う方が利用できる制度やサービスを、本人や家族向けに非常に分かりやすくまとめられた一冊となっています。細かなQ&Aもありますので、いちいちネットで検索しなくても良くなるかもしれません。数年に1度新装版が発売されます。