こころと福祉の専門サイト
Mind and welfare
障害福祉・制度サービス

障害者の就労支援は障害者雇用を目指している人、仕事をする自信がない、不安な人におすすめの制度!

就労支援という言葉を聞いたことはありますか?

簡単に説明すると、何らかの障害を持っており、継続的に一般でのお仕事をすることが困難な方がトレーニングを行うところです。

就労支援は法律で定められているちゃんとした制度。就労関係の制度においてもっとも大切な位置づけとなっていますので皆さんにご紹介します。

※ここでは精神科に通院している方を中心にお話していますが、就労支援は精神以外にも、知的、身体の方が対象となります。

就労支援とは

障害者総合支援法で定められているサービスに、個別で支給されるサービス『障害福祉サービス』というものがあります。

そして就労支援は、その中にある訓練等の支援を受ける『訓練等給付』の中に位置付けられています。

就労支援ってどんなことをするの?

各事業所やその種類によっても違うので詳しいことは後述しますが、共通していることをとりあえずザックリとまとめてみますね。

  • 就労に必要なスキルを身に付ける。
  • しばらく仕事をしていない人がトレーニングを行う。
  • 社会人マナー、礼儀等を学ぶ。
  • パソコン、カフェ運営、内職作業等を通して、仕事のあり方やスキルアップを図る。

就労支援の対象者は?

  • 精神科に通院中で、何らかの診断がなされている人
  • 仕事に就きたいが、自身がない人
  • 苦手なことを克服して就労に挑みたいと思っている人
  • 障害者雇用を目指している人
  • 一般雇用での就労に不安がある人

などの方が対象です。

基本的にどこかの精神科に通院している人が対象者の最低限の条件となります。そこで主治医にOKを貰った方が、就労支援に通えるという流れです。

万が一精神科に通っていない人が、どこかの就労支援に問い合わせをしても、まずどこかの精神科で診察を受けてくるようにと説明されます。

ちなみに主治医にOKをもらうためには、生活がある程度自立している、症状が落ち着いているなどの方になります。就労支援は集団行動ですので、トラブルを起こさないくらい安定している方が向いていると考えます。

もし自分でもまだまだだなぁと思う方は、もう少しゆっくり休んでから就労支援を検討してみてもいいかもしれません。

就労支援の種類

就労支援には、就労継続支援と、就労移行支援のふたつがあります。ひとつずつ説明していきますね。

就労継続支援

一般企業等での就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。

引用:厚生労働省

『福祉的就労』『作業所』とも呼ばれています。ここを踏み台にして障害者雇用などを目指す方もいますが、中にはここを職場として作業をしている人たちもいます。

また、就労継続支援にはB型A型の2種類があります。

まずは「B型」。地域によっては『B型作業所』とも呼ばれています。作業内容等は事業所によって違いがあるので、やってみたい作業をしているB型を探すのがおすすめです。

だいたい受注作業(内職)、カフェ運営(お菓子作り)、清掃業務などの軽作業が多い印象です。午前中だけ作業をして、午後はプログラムをするという事業所もありますよ。

また時給ではなく工賃が支給されます。時給に換算するととても安いのですが、個々の能力において月1万円前後もらうことができます。

B型作業所とは
  • 作業内容は軽作業が多い。
  • 月1万円前後の工賃が発生。
  • 利用期限はなし。

次に「A型」。ここも『A型作業所』なんて呼ばれています。A型に関しては、その事業所と直接雇用契約を結びます。なのでちゃんと社会保険に入ることができますし、求人としてハローワークなどで募集をかけています。障害者雇用と変わりがありませんね。

またお住まいの地域の最低賃金が、時給として支給されます。出来れば週5日、6時間勤務できる方が望ましいと言われています(=1人で体調の自己管理が出来る方)。

ただしこのA型に通うには、精神障害者保健福祉手帳が必要となります。この手帳は、初診から6ヶ月経過していないと取得することができませんので、主治医ともよく相談してくださいね。

A型作業所とは
  • 事業所と雇用契約を結ぶ(=障害者雇用)。
  • お住まいの地域の最低賃金が支給される。
  • 1人で体調の自己管理ができる、自立されている方が対象。
  • 利用するには精神障害者保健福祉手帳が必要。
  • 求人はハローワークに出ている。
  • 利用期限はなし。

就労移行支援

一般企業等への就労を希望する人に、一定期間、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練を行います。

引用:厚生労働省

移行支援に関しては、上のB型、A型と比べるとより就労に向けたトレーニングに力を入れています。これも事業所によって違いはありますが、下記にざっくりと書き出してみますね。

  • 面接や履歴書の書き方の練習
  • 企業見学、実習
  • 求人先のあっせん
  • 受注作業、資料作りなどの作業
  • 就職後の定着支援

いかがでしょうか。同じ就労支援でもここまで支援内容が違います。

しかしここは2年という期限が設けられていて、『2年以内に就職を目指してくださいね』という場所でもあります。

でもそんなにプレッシャーに感じなくても大丈夫。ほとんどの方が1年前後で卒業し、ちゃんと仕事に就いています(ほとんどの方が障害者雇用です)。

また移行支援は、就職後にも定着支援といって、会社と本人さんの間に入ってくれて仕事が継続できるようにサポートしてくれるんですね(定着支援の期限は事業所によって違います)。

就労移行支援とは
  • より就労に近いトレーニングが可能。
  • 利用期限は2年(+1年まで延長が可能)。
  • 定着支援あり。
  • 工賃、給料などはなし。

障害者雇用に関しては、【ラルゴ高田馬場】や【アットジーピー【atGP】】がおすすめ。ホームページもとても分かりやすくまとまっているので、参考にしてみてください。

利用例

上の3つを利用した時に、どういう流れで目標とする就労までたどりつくのか、いくつか例をあげてみましょう。

① アルバイト、正社員問わず、仕事をしたことがない。

B型 → A型 or 移行支援 → 就労

② 経験はあるが、していない期間が長い。

  • B型 → 移行支援 → 就労
  • 移行支援 → 就労

③ つい先日まで働いていた。

A型 or 移行支援 → 就労

あくまでも一例です。本人さんの状況、体調、能力によって通えるところを主治医や担当の精神保健福祉士と相談するのが一番いいと思います。

就労支援の探し方

就労支援を探す方法はいくつかあります。

  • インターネットで検索
  • 役所の福祉課、障害課で相談
  • 地域の就労支援相談機関で聞いてみる
  • 通院先の精神保健福祉士に相談

役所や地域の機関で相談すると、一緒に見学について来てくれる担当者さんもいます。心強いですよね。

就労支援の探し方のポイントですが、いくつかありますので、これを踏まえて探してみることをおすすめします。

事業所選びのポイント
  • 自宅から近くて通いやすいところ。
  • 自分に合った作業内容のところを選ぶ。
  • まずは見学をして雰囲気などを知る。

利用方法

まず自分が「いいなぁ」と思った事業所2~3ヵ所ピックアップ。その後、必ず見学の申し込みをします。実際に自分の目で見てもらって、「ここなら通えそう」というところが見つかったら、体験利用を行います(これは事業所によるかもしれません)。体験利用の期間は短くて2~3日。長くて2~3週間くらいです。

その後役所で利用手続きです。手続きの際、自立支援医療もしくは障害者手帳を取得していると問題ないのですが、どちらも持っていないという方は、主治医に診断名を記載した簡単な診断書を作ってもらわないといけません。要は精神科にちゃんと通院していますよ、というのが分かる書類が必要ということです。

手続きが完了すると、障害福祉サービス利用受給者証というものが貰えます。そこに利用する事業所の名前やサービス利用機関などが詳しく記載されます。

そしてサービス利用計画書をいうものを作成します。これは自分で作成することもできますが、不安な方などは、お近くの地域相談支援センターさんなどで手伝ってもらいましょう。このあたりは、役所に相談してみるといいですよ。

利用の流れ
  1. 事業所を2~3ヵ所ピックアップ
  2. 見学の申し込み
  3. 体験利用
  4. 役所で利用手続き
  5. サービス利用計画書作成
  6. 正式利用!

その他就労支援に関すること

事業所の数

まず全体的に見て圧倒的に多いのは、就労移行支援です。続いてB型作業所、そしてA型作業所かな。A型作業所はとても数が少ないので、一度求人が出れば応募が殺到します。

順番待ちになることもある

事業所によっては希望者が多すぎて順番待ちのところもあります。目途もだいたいしか経ちません。というのも、誰か卒業しないと空きが出ないからなんですよね。

長くて2~3ヶ月待ちのところもありますが、事業所によっては、順番が来るまで体験という形で定期的に通所OKと配慮してくれるところもありますよ。

まとめ

仕事をしていきたいという気持ちはとてもいいことです。でもそれに対して心配なことや不安なことが出てくるのは決しておかしいことではありません。

そして、そんな本人さんのやる気を支援してくれて、不安を解消し、寄り添ってくれるのが就労支援。

制度をうまく利用して、本人さんが少しでもいい職場と出会えて長く働けるように応援しています。

ABOUT ME
こころLABO
メンタルヘルス領域で現役で働く、こころの話に詳しい人が運営している障害福祉やこころ、恋愛に役立つ情報サイト。
精神科に通っているすべての方におすすめの本
生活・医療・福祉制度のすべてQ&A―精神障害のある人と家族のための

私が仕事中に使用頻度の高い本です。精神科に通う方が利用できる制度やサービスを、本人や家族向けに非常に分かりやすくまとめられた一冊となっています。細かなQ&Aもありますので、いちいちネットで検索しなくても良くなるかもしれません。数年に1度新装版が発売されます。