こころと福祉の専門サイト
Mind and welfare
仕事・職場

障害者雇用の最大のメリットは配慮のある環境で仕事ができること

障害者雇用か一般雇用か迷っている、という方の声をよく耳にします。

健康な方と同じように仕事が出来るまで回復している方であれば一般雇用でも問題ないのかもしれませんが、中には、会社の配慮ある中で仕事をした方がその人らしさができるのではないか、という方もいます。

私が思う障害者雇用の最大のメリットは、配慮ある環境の中で仕事が出来ることです。どういうことかをこれからお話していきます。迷っている方の参考になれると嬉しいですね。

障害者雇用とは?

国は、障害のある人も健康な方と同じように仕事が出来るように『障害者雇用促進法』という法律で障碍者の皆さんを支援しています。

『障害者雇用促進法』の中には、企業に対して一定の障害者を雇用するように義務付けているのです。2018年4月時点で、50名以上の常勤職員のいる企業は2.2%の障害者を雇わなければいけません。これを法定雇用率といいます。

もし仮に法定雇用率に達していない企業は、国に対して納付金を支払わなければいけませんが、法定雇用率に達している企業は、反対に国から報奨金が支払われるのです。

この制度のおかげか、企業が障がい者を雇用する割合が年々増えているのが現状です。求人はどんどん増え、積極的に募集をかけている企業が多くなりました。

配慮ある環境とは?

例えばあなたが、

  • 朝起きられず、遅刻する可能性が高い。
  • パソコンが苦手で、資料作りができない。
  • 電話対応は頭が混乱してしまうので、できるだけ避けたい。

などの困りごとのせいで十分な就活ができないと仮定します。ですが、障害者雇用で働くと、この困りごとを下記のように会社が配慮してくれるようになります。

  • 朝の出勤時間を9時から10時出勤に変える。
  • パソコン作業ではなく、資料のファイリングから始めてみる。
  • 電話対応のない部署へ配属。

上記はあくまで一例になりますが、このように会社側は、あなたがどうしても苦手なこと、できないことを批判するのではなく、「どうやったらこの人が会社で力を発揮してくれるだろう」と考えてくれるのです。

特に精神障害者の雇用であれば、身体障害者や知的障害とは違い分からない部分も多いので、手探りではありますが、面談時間を多く持ち、その人のことを知ろうとする傾向が強いように感じます。

このような配慮は、一般雇用ではまずありえません。障害者雇用ならではの大きな特徴だと思っています。あなたが働きやすい環境を会社が作ってくれるので、早期退職者が非常に少ない印象です。

障害者雇用で働く大切な条件

そんな障害者雇用で働くためには、『精神障害者保健福祉手帳』という障害者手帳が必要となります。

この手帳は、精神科を受診している人全員が受けられるのかというとそうではありません。

  1. 初診から6ヶ月以上経過している。
  2. 主治医が手帳が取得できる病状であると認めている場合。

この2点が条件となります。

あわせて読みたい
精神障害者保健福祉手帳の等級や申請方法、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみた『精神障害者保健福祉手帳』という障害者手帳があるのはご存知ですか? 初めて聞いたという方もいるかもしれませんね。 この手帳を...

初診から6ヶ月以上の「初診」というのは、今かかっている精神科だけではなく、その前に受診歴があればそこからカウントしてしまって問題ありません。何か証明書を提出するわけではありませんので、主治医にそのことをしっかり伝えれば大丈夫です。

あわせて読みたい
精神障害者保健福祉手帳の初診6ヶ月はいつから数えればいい?みなさんこんにちわ。たいよう てらです。 精神障害者保健福祉手帳について、過去の記事でまとめましたが、そもそもの条件である『初診か...

ちなみに発達障害の方も、この手帳を取得できます。精神の手帳を取得でき、初診のカウント方法も同じです。

あわせて読みたい
発達障害の人が利用できる、制度やサービス、就労支援や社会資源をご紹介発達障害と診断を受けた人に向けて、利用できる制度やサービス、社会資源をご紹介していきたいと思います。 診断は受けたものの、これから...

障害者雇用の探し方

そんな障害者雇用の探し方をいくつかご紹介します。

ハローワーク

まず王道ですがハローワークで求人を見たり、応募することができます。

私の知っているハローワークには一般の窓口と障害者雇用の窓口がありまして、障害者求人に応募したい方は障害者雇用の窓口で登録を済ませます。

閲覧は登録をしなくても見れますので、まずはどんな求人があるのかを見てみてもいいかもしれません。

求人サイト

例えば【アットジーピー【atGP】】や【ラルゴ高田馬場】では、障害者求人のみ取り扱っており、面談もしてくれてあなたにあった一緒に仕事を探してくれます。

また働きたい企業がハッキリしている場合には、その企業のホームページのリクルートページに行くと、障害者求人の募集があったりします。

地域の就労センター

地域によっては、就労に関する相談先がいくつかあり、そこで相談することも可能です。

働く自信のない方におすすめの就労移行支援

障害者雇用で働きたいけど、体力に自信ない、きちんと仕事ができるか不安などの気持ちがある方は、就労の前段階として訓練をしてくれる機関があります。

それが『就労移行支援』というものです。突然仕事をするのは不安だからワンクッション踏みたいという人に大変おすすめです。

事業所によって内容は異なりますが、就労に向けたトレーニングだけではなく、企業見学や企業実習を通して、より本格的に自信をつけていくことが可能です。

あわせて読みたい
障害者の就労支援は障害者雇用を目指している人、仕事をする自信がない、不安な人におすすめの制度!就労支援という言葉を聞いたことはありますか? 簡単に説明すると、何らかの障害を持っており、継続的に一般でのお仕事をすることが困難な...

まとめ

「障害者雇用」と聞いて、もちろん嫌な顔をされる方もいます。「どうせ雑用しかしないんでしょ」「どうせ障害者はお荷物扱いされるんでしょ」と言われます。

ですが、実際障害者雇用に就いた皆さんから話を聞くと、「とても働きやすい」「頑張りが認められて昇格した」なんて話を教えてくれます。そして不思議ですが「辞めた」という方は圧倒的に少ないのです。

それだけひとりひとりに配慮をしてくれて、やりがいのある仕事を与えてくれる社会になったということなんですよね。みなさん本当に生き生きされて楽しそうです。

先日まで平日の日中に私服で私に会いに来てくれていた皆さんが、夜の時間にスーツで待合室に座っている姿を見ると、本当に「良かったね」と心から思います。

将来の就労で悩んでいる方はぜひ障害者雇用も視野に入れてみてください。応援しています!

ABOUT ME
こころLABO
メンタルヘルス領域で現役で働く、こころの話に詳しい人が運営している障害福祉やこころ、恋愛に役立つ情報サイト。
精神科に通っているすべての方におすすめの本
生活・医療・福祉制度のすべてQ&A―精神障害のある人と家族のための

私が仕事中に使用頻度の高い本です。精神科に通う方が利用できる制度やサービスを、本人や家族向けに非常に分かりやすくまとめられた一冊となっています。細かなQ&Aもありますので、いちいちネットで検索しなくても良くなるかもしれません。数年に1度新装版が発売されます。