こころと福祉の専門サイト
Mind and welfare
障害福祉・制度サービス

精神障害者保健福祉手帳の初診6ヶ月はいつから数えればいい?

みなさんこんにちわ。たいよう てらです。

精神障害者保健福祉手帳について、過去の記事でまとめましたが、そもそもの条件である『初診から6ヶ月』という部分を、もう少し分かりやすく説明していきたいと思います。

あわせて読みたい
精神障害者保健福祉手帳の等級や申請方法、メリット・デメリットについて分かりやすくまとめてみた『精神障害者保健福祉手帳』という障害者手帳があるのはご存知ですか? 初めて聞いたという方もいるかもしれませんね。 この手帳を...

初診から6ヶ月が申請の条件

手帳を発行できるのは、精神科にかかっている方全員……というわけではないんですね。

というのも、申請のための条件のひとつに初診から6ヶ月経っていないと申請が出来ないという条件があります。なのではじめて精神科に初診でかかった人の場合、そこから計算して6ヶ月間待たないといけないんですね。下記に図式がしてみましたので参考にしてください。

でもその病院よりも前に、かかっていた精神科があれば?

その場合は、そこからカウントすればOKなんです。

精神科にかかって6ヶ月

上記のように、過去精神科の通院先があり、『手帳を申請しよう!』と思ったときから遡って、6ヶ月以上経過していればOKです!

もし仮に、ここからカウントしても6ヶ月経過していなかった場合は、6ヶ月待たなくてはいけません。

よく患者さんで混乱されるのが、障害年金との兼ね合いです。障害年金では初診から1年6ヶ月待たなくてはいけないんですが、障害年金の場合は精神科でなくても大丈夫なんです。その精神的な症状をはじめに相談に行った医療機関からカウントするのですが、手帳に関しては精神科でなくてはいけませんので、ご注意ください。

障害年金についてはこちらの記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

手帳よりも複雑で難しい申請ですが、無事に申請が下りれば、2ヶ月に1度安定したお金を受け取ることができます。

あわせて読みたい
精神障害者、発達障害のための障害年金の申請方法や年金額などをまとめてみたこんにちは、たいよう てらです。今回は障害年金についてお話をしてみようと思います。 障害年金をはじめて聞く方も多いのではないでしょ...

ただ待つだけでもダメ

ただ半年間茫然と待っていれば誰でも手帳を貰えるのか、というわけではありません。症状が固定されている、つまり症状が継続している場合にのみ手帳は申請できます。

健康な方がお薬を貰えないのと同じで、症状がある方で、必要な方が手帳の対象となるのです。

まずは主治医に相談。最初のスタートはここからです。診断書を書く主治医が「今の状態だったら通らないかも」もしくは「よし、申請してみよう」などと判断してくれます。診断書を書くのは先生ですからね。

もし通院先の精神科に、精神保健福祉士さんがいたら障害者手帳のことを相談してみてください。

まとめ

初診から6ヶ月がどこからカウントすればいいのか分からないという方が多かったので、記事にしてみました。障害年金と違い、『だいたいあの頃通っていたなぁ』という程度で大丈夫です。

特に公的に調査して「違法だ!」なんてことにはなりませんので、安心してくださいね。

ABOUT ME
こころLABO
メンタルヘルス領域で現役で働く、こころの話に詳しい人が運営している障害福祉やこころ、恋愛に役立つ情報サイト。
精神科に通っているすべての方におすすめの本
生活・医療・福祉制度のすべてQ&A―精神障害のある人と家族のための

私が仕事中に使用頻度の高い本です。精神科に通う方が利用できる制度やサービスを、本人や家族向けに非常に分かりやすくまとめられた一冊となっています。細かなQ&Aもありますので、いちいちネットで検索しなくても良くなるかもしれません。数年に1度新装版が発売されます。